忍者ブログ
201710200502
CATEGORY[]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


200711301632
CATEGORY[フラメンコ衣装]

フラメンコグッズって結構高いですよね。だから、購入の際はじっくり検討して、買う様にしましょう。今日は,基本中の基本、フラメンコシューズについてお話したいと思います。

まず、材質についてですが、フラメンコシューズには表皮と裏皮(バックスキン、スエード)のものがあります。

表皮は丈夫かつ、音にキレがあって良いのですが、足に馴染むのに時間がかかり、始めはちょっと痛いかもしれません。

裏皮は柔らかく、足にすぐに馴染みやすいので、初心者の方や足幅のある方、外販母子の人にはこちらの方が良いかもしれません。靴の中で足の指を動かしやすいので、バレエ出身者の方もこちらがオススメです。しかし、裏皮は表皮に比べると耐久性に欠け、皮がのびて緩くなってしまったり、穴が空いてしまったりする事もあります。値段も表皮より高めです。

次に靴のベルトですが、ゴムタイプとベルトタイプの2種類があります。

ゴムタイプはすぐに履け、足のむくみ具合いにも対応出来るので、初心者や年配の方にはこちらがオススメです。ただ、ベルトタイプと比べると、オシャレ度にはかけます。また、ゴムベルトは白しかないので、購入後、自分でゴムを靴と同色のマジックなどで、着色した方がいいかもしれません。白いままだと、暗い色のタイツを履いた時に浮き上がってしまい、見栄えがあまりよくありません。

ベルトタイプですが、こちらはファッション性が高く、一本ベルトだけでなく、クロスタイプやT字タイプ、また編み揚げタイプのものもあります。ただ、履くのに時間がかかり、練習で足がむくんでくるとベルトがきつくなったり、靴擦れになる事もあります。また、ベルト穴が切れてしまうと、修理に出さなくてはなりません。

次はヒールの高さについてです。

フラメンコシューズは低め、普通、高めの3種類があります。

まず、普通のものは大抵5センチ~5・5センチくらいです。

低めは3センチくらいで、最近フアナ・アマジャというジプシーの舞踊手が履いた事から、人気が出始めました。低いので、足が疲れにくくなっています。

そして、高めは7センチくらいあります。ヒールが高いので、足がキレイに見えます。ただ、すぐに爪先が痛くなってきますし、スカートのフリルの縫い目にひっかかり安いので、初心者には不向きだと思います。

私個人としては、裏皮のゴムベルトで通常の高さのものが一番初心者に合うのではと思っています。

靴はネット販売でも買えるのですが、やはり直接お店に行って、試着して買われた方がいいと思います。その際には試着する際に履くストッキングを必ず持って行きましょう。

靴のサイズですが、皮が伸びる事を考えて少しキツメの方が良いと言われていますが、人によっては緩めの方がいいという人もいます。

靴を履いたらちょっとステップを踏んでみましょう。かかとを上げた時、靴が脱げてしまう様だったらワンサイズ小さいものにしましょう。

最後に靴は高い買い物です。自分が納得するまで何分でも何足でも試着しましょう!

PR

<<フラメンコスカート2枚履きのススメ♪ | HOME |フラメンコを踊る時は最高に美しく♪♪>>
<<フラメンコスカート2枚履きのススメ♪ | HOME |フラメンコを踊る時は最高に美しく♪♪>>

忍者ブログ [PR]